自宅受講の準備

1

レゴ®WeDo2.0 または 教育版レゴ®マインドストーム® EV3

初回レッスンまでに、キットのソーティングをしましょう。
※ソーティングとは、ブロックを整理整頓することです。

ソーティングの手順

1

台紙裏面のパーツ一覧を見ながら、該当の部屋へソーティング用シールを貼る

ソーティング用シールを貼る。
2

パーツ一覧またはソーティング用シール を見ながら、パーツを該当する部屋に入れる。
※枠外にあるパーツはケースの底に入れてください。

2

パソコンまたはタブレット(プログラミング用)

以下ソフトを使用する端末へインストールをお願いします。

インストール方法

プログラム作成用のアプリは無料でお使いいただけます。動作環境やダウンロードは以下公式サポートページをご参照ください。
※PC(Windows10)を推奨いたします。
※Crefusコース(ブロンズ・シルバー・ゴールド・プラチナ・M2)の方は、PC(Windows7以降またはMacOs 10.14以前)が必須となります。

ベーシック・スタンダード・アドバンスの方

WeDo 2.0

動作環境
https://education.lego.com/ja-jp/support/wedo-2/system-requirements
ダウンロード
https://education.lego.com/ja-jp/downloads/wedo-2/software
各端末とBluetooth接続方法はこちら
https://education.lego.com/ja-jp/support/wedo-2/connect-to-smart-hub
名前つけ方法
名前つけ方法
〇部分をダブルクリック、または長押しすると、変更画面に変わります。
お子さまの下の名前を英語で入力ください。
例) Taro または TARO
※日本語だとエラーになってしまいます。
ブロンズ・シルバー・ゴールド・プラチナ・M2の方

マインドストーム®EV3

動作環境
https://education.lego.com/ja-jp/support/mindstorms-ev3/software-requirements
ダウンロード
https://education.lego.com/ja-jp/downloads/retiredproducts/mindstorms-ev3-lab/software
各端末とBluetooth接続方法はこちら
https://education.lego.com/ja-jp/support/mindstorms-ev3/app-bluetooth-support
3

パソコン、タブレットまたはスマートフォン(オンライン通信用)

使用サービス

ビデオ会議システム『Zoom』を使用して授業を行います。使用する端末へインストールをお願いします。
※常に最新版へアップデートをお願いいたします。

Zoom Cloud Meeting(ビデオ会議)

ズームクラウドミーディング

準備するもの

Web カメラ、マイク、スピーカ ー(もしくはヘッドセット)が必要です。端末に内蔵されている場合はそちらを使用ください。

  • ノートPC(例)

    Webカメラ、マイク、スピーカーは内蔵されていることが多いです。

  • デスクトップPC(例)

    Webカメラ、マイクがついていない場合が多いので確認して下さい。ない場合はヘッドセットやWebカメラを購入して頂く必要があります。

  • ヘッドセット(例)
  • Webカメラ(例)

受講時について

前日までに教室からメールにて送りますID・PWを入力してください。
PWは月一回更新されます。


ZOOMの接続方法はこちら(https://www.robot.chuoh.com/news/zoom_infomation.pdf)

4

組立書(レッスンスタート月よりログイン可能)

プログラミングをするパソコンやタブレットで使用することを推奨します。今後はオンラインで確認いただけるよう調整中です。
組立書とプログラムを両方開いたまま、画面を切り替えて使用すると見やすいです。

ダウンロードや印刷はできません。

組立書確認方法

1

【http://text.robot.chuoh.com/】
よりログインしてください。

  • ID:メールアドレス(会員情報として登録済みのもの)
  • Pass:生年月日(会員のもの) 例:2012年3月1日生まれ→20120301

    兄弟でお通いのお客様は上のお子様の生年月日となります。

入力画面
2

お子さまの在籍するコースを選択してください。

※兄弟会員の場合は、ご兄弟分の複数のコースが表示されます。

在籍コース名をクリック
3

講師の指示に従い、その日に使用する組立書を選択してください。

画面
4

スクロールしながら順番に確認。拡大・縮小も可能です。

拡大、縮小、スクロール
5

ワークシート

キットと同時にお渡ししたワークシートを準備してください。

6

単三電池

  • WeDo2.0 ロボットを動かすために 2 本必要です。授業中に電池が切れた時のために予備含めて 4 本ご準備ください。

  • マインドストーム®EV3 ロボットを動かすために 6 本必要です。授業中に電池が切れた時のために予備含めて 12 本ご準備ください。

    ※マインドストーム®EV3は、充電バッテリーが付属されています。なお、充電器(DC アダプター)は別売りです。
    購入をご希望の場合は、 キット購入フォームよりご注文ください。
    商品到着まで3週間程度かかります。

7

授業中に使うふだ(パペット)

  • あらかじめ作っておきましょう。

  • 円の外側を切り取って、「〇と✕」「!と?」をそれぞれ表裏になるようにして、棒(割りばしなど)に取り付けましょう。

  • パペット

8

その他

  • 筆記用具

    ※Crefusのみ USBメモリ・自宅受講用フィールド

9

机の上の置き方の確認

  • 机の大きさは、縦 75cm・横 110cm程で十分です。

    ※Crefusのみ USBメモリ・自宅受講用フィールド

  • レゴwedo2.0

    レゴev3

  • モデルは、キットのふたの上で作りましょう。

  • ロボットを動かせるスペースを用意しましょう

10

受講方法

  • お子さま自身でマイクのオンオフを切り替えできるようにしておいてください。

  • ZOOM時のカメラの位置

    自分の考えはパペットで

「ロボットプログラミングってなんだろう?」

まずは体験してみませんか?