海外と日本では学び方が違う!?STEM教育って?

近年日本でも少しずつ「STEM教育」という言葉が
広がってきましたが、まだ聞きなじみのない方が
多いのではないでしょうか?

STEM.jpg

STEMとは

Science(科学)
Technology(技術)
Engineering(工学)
Mathematics(数学)

の頭文字から取っています。

元々はアメリカ発祥の言葉で、
オバマ元大統領就任後の2009年から
力を入れて取り組まれてきました。

■目の前の課題は1科目だけでは解決できない!

一見すると勘違いされがちですが、
STEM教育=従来の理系科目の総称ではありません。

STEM教育はさまざまな科目を横断的に学ぶことで、
多角的な視点から問題を解決する能力を伸ばすことを
目的としている学問です。

例えば、食糧問題について考えるとしましょう。

原因が自然災害なら科学的観点が必要になりますし、
貧困が原因なら経済学的な視点が必要になりますよね?
もしかしたら、自然災害による
慢性的な貧困が原因かもしれません。

このように目の前の課題を科目ごとに
きれいに分けることは出来ません。

どうやったら解決出来るのか、総合的に学習することで、
自ら答えを見つけていくことが
STEM教育の根幹になります。

何も理系の知識を覚えるだけが
STEM教育ではないということです。

■これからの社会で求められるチカラは問題解決力!

サイクル.jpg

みなさんも、今の社会の目まぐるしい変化は
感じていらっしゃると思います。

ここ数年でAI・ロボット分野が急成長してきましたよね?

命令通り、決められた通りに動くことはAIの得意分野です。

そうすると人間にはAI・ロボットには出来ないことが
求められるようになってきました。

それが、課題を自ら見つけ取り組み新たな解決策を創造していくこと、
いわゆる問題解決力というチカラです。

こうして社会の変化に合わせてSTEM教育の必要性が説かれてきたのです。

■日本でSTEM教育を受けるにはどうしたらいいの?

STEM教育という言葉ではなじみがないかも知れませんが、
実は既に日本の公教育でも取り入れられています。

それがプログラミング教育の必修化です。

世界からはかなり遅れを取りましたが、
日本の教育も徐々に社会に合わせて変化してきています。

ただ、どうしても学校の体制は整いきれていないのが現状です。

しっかりSTEM教育に取り組みたい、
お子さんに問題解決力を伸ばしてほしい、
と思っているのであれば教室に通うことをおすすめします!

Kicksは遊ぶ感覚で様々な体験をしながら学ぶことで、
自ら取り組む習慣を身に着ける仕組みになっていますので、
年長や小学校低学年のお子さまが始めやすくなっています。

お子さんが苦手意識を持ったり、
面倒に思ったりする前に、
好きなことを通して自分から学んで考える習慣が
着いたら嬉しいですよね。

教室の体験会でお子さまが夢中になって
取り組む姿も見ていただけますので、
ぜひ体験会に遊びに来てくださいね!

Kicks大曽根教室 ベルトコンベアを作ろう②

CBB9E533-2830-4A7F-A1E8-3ECC199A0E44.jpeg

こんにちは!
Kicks大曽根教室の桜井です。

今週のスタンダードコースでは、名産品を収穫し仕分け作業をするベルトコンベアを作り、
それにふさわしいプログラムについて考えていきました。

どんなプログラムだったら
荷物がセンサーを通り過ぎた時に、分かりやすくお知らせができるんだろう?
とみんなで意見を出し合いましたね!

お友達と話し合うと自分では思いつかない面白い発想も出てきますね!

Kicks大曽根教室「おうえんだんをつくろう①」

1406A153-E25E-49CF-A936-A9893BD4A06C.jpegこんにちは!

Kicks大曽根教室の桜井です。

今日のスタンダードコースでは、応援団を作っていきました!

この応援団には、カム機構という仕組みが使われています。

回転する動きが上下する動きになります。

カムの形によって上下する速さが違うことを観察しましたね!

Kicks大曽根教室『サマースクール:自動販売機ロボット②』

6A95DF18-349D-430C-895B-0A47940A7F25.jpeg

こんにちは!
Kicks大曽根教室の桜井です。

今日はサマースクール2日目です。
ブロンズコースは自動販売機ロボットを作っています!

昨日はボタンを押すと商品が出て音が鳴るというところまででした。
今日はお金を入れてカラーセンサーが反応しないと
商品が出てこないロボットにプログラムを変えました!

より身の回りにある自動販売機に近づきましたね☆

明日は宅配ロボットでミッションにチャレンジしていきますよ!

Kicks大曽根教室『なにができるかな①』

IMG_7104.JPG

こんにちは!
Kicks大曽根教室の桜井です。

今週のベーシックコースでは、カレンダーについて学びました。
まずは、ワークシートの指定通りに色を塗り、イラストを浮かび上がらせます。
浮かび上がったイラストをもとにレゴ®︎ブロックを並べていくと…
6月に関係のあるものが立体的に完成します!

9日、20日など難しい読み方の日にちも読める様になりましたね!

Kicks大曽根教室『トルネードマン②』

IMG_7085.JPG

こんにちは!
Kicks大曽根教室の桜井です。

今週のアドバンスコースはトルネードマン②でした。

まず関節について学習し、トルネードマンではどの部分が動いているか観察しました。
また今回はモーションセンサーも使いました。

スタンダードコースを受けていたみんなは、
モーションセンサーの使い方をしっかり覚えていましたね!

Kicks大曽根教室『位置エネルギーカー』

IMG_6996.JPG

こんにちは!
Kicks大曽根教室の桜井です。

今日のブロンズコースでは、高さとエネルギーの関係について学んでいきました。

手に持ったボールをはなすとどうなるでしょうか。
ボールは地面に向かって落おちていきますよね。
地球上では重力がはたらいているため、ものは下へ向かって落ちていくのです。
つまり、高い位置のものは下へ向かおうとするエネルギーを持っています。

今回はこのエネルギーを利用した位置エネルギーカーを作り、
おもりが落ちる高さによってどのくらい進む距離が変わるのか観察していきました。

Kicks大曽根教室『スカイウォーク①』

IMG_6909.JPG

こんにちは!
Kicks大曽根教室の桜井です。

今日のアドバンスコースは、スカイウォークでした。
これはリフトを再現したものです。

スカイウォークにはたくさんの滑車が使われていることから
滑車の特徴について学習していきました!

次回は今日作ったスカイウォークを改良して、
滑車の回転方向や滑車の大小によって回転のスピードが違う事を学習していきます!

Kicks大曽根教室『おうちをつくろう②』

IMG_6890.JPG

こんにちは!
Kicks大曽根教室の桜井です。

今週のベーシックコースでは、おうちをつくろう②でした。

前回丈夫な壁の作り方を学習しました。
ただ積むのではなく、互い違いに積むレンガ積みをすると丈夫になりました。

今回は丈夫な屋根の作り方を学習しました。
丈夫にするには、三角屋根の空洞を全て埋め尽くすか、真ん中に柱をつけるかの2種類の方法がありましたね!

Kicks大曽根教室 「フィッシュダイブ①」

IMG_6865.JPG

こんにちは!
Kicks大曽根教室の桜井です。

今週のアドバンスコースでは『フィッシュダイブ』でコースターを作りました。

今回はものの位置によって決まるエネルギー 位置エネルギーを学びました。
位置が高いとエネルギーは大きく、低いと小さくなりますね!
観察をし記録もバッチリ

次回はコースターにモーターを取り付け、自動で乗り物が上がり、滑り落ちていくものを作っていきます!