オリジナルロボットの作り方を紹介 ロボラボ チャンネル

1人用全自動シーソーマシーン

こんなロボットを作るよ!

[ 使用キット ]
レゴ® WeDo 2.0

作り方の手順を見てみよう!

STEP 01

【ロボット制作 その1】シーソーと、モーター、それに傾きを検知するセンサー(チルトセンサー)を組み合わせた作品です。 モーターが移動して、傾きが変化すると、プログラムにより反対側にモーターが動き始めます。 まずは、土台の部分とシーソーを作ってみましょう。強度が高くない部分もあるので、丁寧に組立をしましょう。

STEP 02

【ロボット制作 その2】シーソーには、ラックギアと呼ばれるギアをつけました。これをモーターがたどって移動します。 モーターの上についているパーツがチルトセンサーです。 乗り物は、他の作品にも使えそうなアイデアですね。簡単で、レールの上をするする動くことが出来ます。 ※WeDo2.0にミニフィグはついていません。好きなパーツを使ってね。

STEP 03

【ロボット制作 その3】プログラムはこれまでよりも少し難しめです。 始めに、モーターのパワーを「2」に設定します。(大きくするとうまくいかないかもしれません。) その後、【チルトセンサーの傾きが「上向き」になるまで「モーター左回転」 「下向き」になるまで「モーター右回転」】これらを繰り返すプログラムです。 このプログラムによって、シーソーを自動で行ったり来たりさせることができます。 出来上がったら、眺めたり、レールに乗せるものを変えたりして楽しみましょう!

【 オリジナルロボットの作り方をシェアする 】

一覧へ戻る